カーセンサーの評判

最近、コンビニや書店でカーセンサー見かける?

本屋さんも、出版されている本をすべて陳列できるわけではないと思いますが、カーセンサーって最近見かけないような気がしてしょうがありませんでした。ところがあるきっかけでカーセンサーのサイトを見に行ってみたのですが、ウェブの方はとっても元気です。そして、いろいろ見ていくと機能は、かなり充実しているのですね。

 

こんなのが無料で使えるならクルマを買うときやクルマを売る時には、かなり使えるのではないでしょうか?昔、雑誌を購入していたのはなんだったのでしょうね。電車の中とかで最近はスマートフォンを操る人を多く見かけますが、無料で様々な良い情報を発信している企業が増えているということでしょうか?

 

週刊誌や隔週の雑誌は時間が経過すると無駄な紙になってしまうので、ネット上に掲載するのは本当に良いと思うのですが、一体何故こんな立派なホームページが無料で運営できるのでしょう?

無料ビジネスをはじめたGoogleに学ぶ

もう10年以上前のことですが、インターネットに少しづつ関わるようになって一番初めにGoogleを知ったときは、ちょっとした衝撃でした。ヤフーはなんとなく広告の匂いがたくさんしたのですが、Googleには、そういった傾向は全く見られませんでした。

 

なぜ、これほど自分が知りたい情報に辿り着きやすいのだろう?
なぜ、こんな機能を無料で提供できるのだろう?
きっといずれは、Googleも検索画面に広告を載せるのだろうな!

 

当時は漠然とこんなことを考えていたわけですが、半分当たったような?でも、広告の中身は、想像していたものとは全く違うさりげないものでした。さらに、テレビのコマーシャルのような広告とは全く違ったもの。本来ああるべき広告の姿を浮き彫りにしたような結果を導き出しているのではないでしょうか?

提供し続けることによって集客し、集金するシステム

会員制のウェブサービスというものもかなり多くなってきたと思います。
ただ、根底にある思考はGoogleのやったことに準じているだけのような気もします。
無料でコンテンツを提供し続けることによって自然にキャッシュポイントが生まれていってしまうのでしょうね。

 

カーセンサーのサイトも完全にそうなっているわけです。
観ている人は全く気が付かないけれど、雑誌を売って集金するのではなく確実に成果の上がる広告を出している側の企業が、満足するかたちでの広告出稿は、無料で見ている閲覧者へも利益をもたらすわけですね。完全な一石二鳥というか?WIN-WINの関係が出来上がっているわけです。

どうお金にしているかはあまり関係ない?

結局は、提供しているコンテンツ自体は、かなり強力にカーライフをサポートしてくれています。
これは、車を売る時のページですが、注意点なども満載の上見るのは全くの無料。
クルマを買うときも売る時も、こんな便利なサイトを参考にしない手はないですね。
カーセンサーの買取のページはこんな感じ

評判の良さは、無料ではありえない量のコンテンツにありました。

カーセンサーでは、中古車選びができることは当然なのですが、中古車自体はなかなかコレ!という1台を見つけるのは大変なのですね。取引のことを考えれば家の近所の中古車店が良いのでしょうが、地域を限定して探すとなかなか好みにあった車を見つけることは難しいことです。特に掘り出し物と言えるような車は、すぐに売れてしまったりするので実際には、早い決断を求められたりします。

 

ただ、カーセンサーで今まで乗っていた車を売った場合には、まだネット上に掲載されていない車を良い条件で買えるチャンスもあるのです。流れとしては、車の査定をして満足する値段を提示してくれる買取店を見つけてその過程で、買取店の営業マンさんにそれとなくこんな車の在庫はあるかどうか聞いてみるのです。営業マンにしてみれば、あなたは、車を売ってくれて、尚且つ車を買ってくれるかもしれない大切なお客さんになりうるわけですから、良い条件もでやすくなると思います。

 

買うときにも売る時にも車の量の多さとコンテンツの充実度で、かなり役立つサイトだと思います。

購入記録

カーセンサーで車を売るならこちらから

車を高く売る方法

このページの上へ